一番楽しかった日かもしれない

2019年7月23日

飲み会があって、あの子が来ていて、でも、あまり見ることが出来なくて。

この間の5月の様に、同じ列の見えないところに座っていて。

でも、こないだと違うのは、目を怪我したので、Tシャツを同じようなTシャツを着てきたら、あの子が「気が付かなくてすいません」といっていて、気が付く人は二人しかいなかったので、そうゆうことを話しかけてきてくれて。

でも、足にマニキュア付いているのかな?とか見れなくて、ロングスカート穿いてるなとかぐらいしか。
もっと見たかったんだけれども、恥ずかしくて見れなくて。

話もしていないし、見てもいないから。

なんかCDの話はされているんじゃないかな?って、どきっとして。「言わないでくれよ(そうゆうの恥ずかしいし、苦手なんだよ)」って。

トイレから来る時に、意識して見てたら、あの子は目をそらして。「見なかった方が良かったのかな?」なんて思って。
でも、かわいかったな。

装いの人のことを悪く言っていた時かわいかったな。

帰る時に、一回外に出て、折角CDを作ってきたのに渡せないのは作ったことに対して嫌だなって、思って、もう一度中に入ったら、俺が座っていたところにその子が移動していて。

CDを渡して。

それで帰った。

2019年7月26日

14時20分ぐらいに来て、17時くらいからQ終わった紙をあの子に持って行ってと言われていたので、持って行って、自分の入荷の探し物をしている時に、「聞きたいことがあります。」と「入荷漏れは分かりますか?」と伺われて。
その時、右側に立って、話をする時に、「こんな近くで」と言う感じで、聞きたいことって何かな?って、ちょっとドキドキしちゃって。
その時の空気感がとても良くて、「さぼってて大丈夫なんですか?」だったか、「さぼっていると思われるんじゃないですか?」みたいな感じで、横に居て話されて、「いや、みんないないから、今日はみんな15時あがりだから、大丈夫です」と、普通に会話が出来て、入荷チェックが見やすいとか褒められて。

入荷漏れすると、こうやって話ができるのか、いいな。なんて。邪まなことを考えていて。

とても良い時間だった。

それで、商品を確認して来て、あって、書いて。

こっちのサイトには載せてないから向こうから引用して。

そんな時に、佐川の書類を持って行ってと頼まれていたので、それを待っている間に、入荷の付け忘れを見に行こうとフロアに行って。これは入荷しているのか分からないから、4商品をメモを取って確認しに行って。

その書類をポニーテールの似合う方に持って行って。

それで、入荷の確認をして、ひとつは付いてあったけれども、みっつは無くて。

その時に、ポニーテールの似合う方から、「聞きたいことがあります。」と「入荷漏れは分かりますか?」と伺われて。

初めて見る様な紙を渡されて。

西のとてもとても寒い物の30gが700と60gが100ともう一つ160。

700なんて多いから、この間付けたような気がしたら、それは750と書いてあって、日付が7月18日で。

60gの方なんて全く入荷の無い物だから、私は入荷を見ていなくて。

でも、他のものは入荷をしてあって。

自分の中で、商品の多い物を間を見ればいいと思って。

この入荷日に対して、前と後を調べて。

700の商品は前のが11月8日で後が11月18日で。

それを調べいる時に、「入荷チェックが分かりやすくて良いです。」とお褒めの言葉をいただいて。

「いえいえ、そんなことないです。」みたいな感じで。少し間を置いて、「でも、3年もやっていると、この商品はどこの工場でとか分かるから、その場合はそこに書くようにしています。」と。

それで、今まで気づかなかった入荷のことを考えて。

今まで、2018年の冬までは、仕入れとかの調整のための入荷ぐらいの気持ちでしか書いていなかったけれども、2019年の6月にここに来て、最初に所長に「入荷チェックは林さんはしっかりやれば、○○○さんが助かりますから」みたいなことを言われて、あんまり理解していなくて。

いくらか過ぎてから、過去の入荷の紙に、ピンクのマーカーで書いてあって。

「あー、ピンクのマーカーが付いてる」ぐらいしか思わなかったけれども、その理由が今日の紙で分かって。

紙を通した向こうの景色が見えて。

自分がやっているこの作業の先にはこうやって、合わせていることを教えてもらって。

いままで知らないでやっていたから、これから、ポニーテールの似合う方へ渡しているんだなって。

向こう側の景色が見えたので、入荷チェックをこころしてやらないとなって思ったけれども。

多分、俺なんだろうな。って思って、探しに行ったら、探して見て、理由が分かって。

自分が目を怪我した時ので、入荷漏れしていたって。分かって。入荷漏れすると迷惑が掛かるからだめなんだけれども、会話ができるのは良いなって。思いつつも。そしたら、また入荷漏れがあって。今週の月曜日で。また、西ので。
だめだな、おれ。全然違う商品の所にも書いていたし。

もう、その先のやっている景色が見えるから、もっと分かりやすく渡せるようにしないと。

今まで、知らなかったんだけれども、発注と入荷を合わせているなんて知らなくて。

こうゆうことをやっているんだなって分かって良かった。

その後、もう一つあります。と、贅の別のスライスの商品も抜けていて、その時に、机の上で、「ここに書いてください」と書いて。指で、指して、その時も距離が近くて。

帰る時に、あの子が車で運転してた時に、思い切り手を振って、さよならってして。

この日(2019年7月26日)が一番楽しかった日。

2019年7月27日

朝、写真を渡しに、「これ、受け取ってください」と渡して。

入荷チェックをしに行ったら、左にすごい近い距離に立たれた時に、少し顔をそむけてしまって、「やってしまった、悪い気持ち起こしていないかな?」なんて、自分のした行動に対して、嫌な気持ちが起きて。

それをずっと考えていて。

この日は午後あの子が居ないので、居ない事務所は全然雰囲気が違くて。
居ない事務所は静かだし、FAXの音しかしないし、3回ぐらい行ったけれども、居ないと寂しいな。って。

やっぱりあの子の空気感は素敵だなって。

コメント