入荷チェック合わせが楽しくなくて、すごく悲しい

2019年11月12日 5日目
あの子がポニーテールでかわいかった。
この日だったか、その前の日だったか、ロッカーのカギを取ってくれて、かわいかった。

ロッカーの鍵の番号を知っているんだーって。

今日は仕事が遅くなると思って、チョコを遅い時間に食べながら仕事していて、その時にあの子にチョコをあげて。

帰る時に、入荷チェック合わせ拘束が今季初めてあって。

本当はすごく楽しいんですよ。入荷チェック合わせって、あの子とお話で来て、指サックとか普段見れないところとかを見れるから、夏の時は「指がきれいだなー、手の甲がきれいだなー、ポニーテール可愛いなー」なんて話ながら見ていたから。

それで、楽しい物なのに、自分の数え間違えがあって。それは本当に申し訳なくて。

もう、並び替えたから、それが分かりやすいようになっていて、とてもとても寒い倉庫見に行ったら。その数で。

それはほっとして。

その後、全然知らない、見ていない商品が無いってなっていて。

それを見ていなくて、しかも結構な量で。

まだこの時期出ない物だから、こんなに入らないだろう。って思っているから。

それで、ダイターン先輩に「見ましたか?」って聞いたら、「この量はまだ入らないよ」って、一度事務所出たけれども、もう一度入荷チェック表を見たら、40になっていたので。

「見ていないから、これはもしかしたら、違うかもしれません」と話をしたら、所長が「見た」と言っていて。

見たなら書いてくれよー。それか、使う人に対して、「まだ入荷チェックしていないから使わないで」とか言ってくれよー。使うなら、見ていたなら、あるものを取って行く職場だから、入荷チェックしてくれよー。って。

夏の時は初めての入荷チェック合わせがめちゃくちゃ楽しかったから、それが楽しみだったから、冬は楽しく出来なくて、残念だなー。

あの子にも迷惑が掛かるし。

ダメだなーって。もっとしっかりしなくちゃ。

色々と、自分がやらなくちゃいけないと思った。

本当はあの子と楽しく入荷チェック合わせをするのが楽しみだったのに。これからできればいいな。

11月14日1時29分
これからお風呂入るから、早く寝られればいいな。

コメント