大変そうにしていたので助けたくなる日だった

2019年11月18日 冬9日目

あの子が新人さんが来て大変だぞ、悲鳴をあげていたぞ。とダイターン先輩は言っていて。

今日は18時より前は一回、目が合ったくらいで、全然何も話さないし、あの子の教えている話を聞いていて。

おれも教えてもらいたい。って。

どうやって商品を見分けるんだろうって?

いつもと違う感じだから新鮮で。

コピーを取りに来た時に話を聞いていて。

18時以降に行ったら、疲れていると思って、雨をあげに行こうとしたら、福島の人が居たからあげられなくて。

ロッカーでパイン飴も入れてきて。

「あー、渡せなかったな」なんて思って、帰りの間際に、入荷チェック表をバインダーに入れた時に、「大変だと伺ったので、あげます」とあげて。「こんなにたくさん」と言われて。

「なめてください」って。

その時、Yシャツの青で襟が白のがかわいいなー。とか、ポニーテールがかわいいなーとか。

誰もいなくなって、打刻の時にあの子が「ひひーん」って言っていて。それがすごくすごくかわいくて。

疲れているのに、なんてかわいいんだろうって。

本当に素敵な方で。かわいらしいなーって。

「疲れていると思うのでゆっくり休んでくださいね。」って話をして、帰った。

朝、1時間早めに来て、遅くまで仕事して、あの子はすごいって。

だからゆっくり休んでもらいたくて。

そんな事を考えながら仕事していた日だった。

2時21分

コメント