ハンカチを渡せて良かった

2019年7月21日

小袋ソースでとてもとても迷惑をかけてしまったので、謝りはしたけれども、なさんと大さんと田さんのハンカチを買いに行く時に、「そうだ、それを使って、7月にギフトの人が誕生日多いから、ハンカチを送ろうと思って、それで送ろう」と照橋さんみたいなことを考えて。

石橋のヨークタウンのシャンブルに行ってくる。

それで、最初は二人と思ったけれども、同じ部屋で、貰えないのは悲しい気持ちになるから、あの人にも買っておこうと思って三人分買って。

その時、あの子は熊のハンカチがなんとなくいいなと思って。

ラッピングしてもらって、帰って。

それで、どれがどれだか分かるように袋に分けて入れて。

それから、新しい財布に入れ替えをしていて、その時に、ドル札を見たので、ドル札もあげようかな、こうゆうときじゃないとあげられないし。と思って。

2019年7月22日

次の日、10時くらいに、入荷チェックを見に行ったついでに、どの人がいるかを見て、あの子に、「目は大丈夫ですか?」と聞かれて。
毎日のように聞かれるから、案外、目がそうなって良かったのかもしれない。話のきっかけを作ってくれて、しかも向こうから話してくれるから。
それで、ソースの方はもう来ないんですか?と聞いたら、「もう来ないです」と言って、「そうですか」となって、ロッカーに行って、ハンカチとドル札を取ってきて、それで、「ごめんなさい」と言いながら、「ソースの件で、本当に申し訳ございませんでした。」その後、何を言ったか覚えていないけれども、多分、迷惑をかけてとかは言っていないかもしれない。言いたかったけれども。ギフトの人が誕生日多くて、ハンカチを送ろうと思って、それで、ソースで迷惑をかけて、それで、隣の方にも、「貰えなくて、悲しい気持ちになるから、貰ってください」と渡して。
喜んでいて。

その時に、本当はご飯でも誘ってごちそうした方がいいのかな?と言ったら、隣の方が、「それは二人で」と言われて。それに、ちょっとびっくりして。

それと、ドル札も渡して、「昨日新しい財布に入れ換えていて、フランス人の友達から貰ったドル札があって、人から貰ったドル札は幸運をもたらすとフランス人に教えてもらって、このドル札は2015年に冬のシベリアに行った時にチップ用のものです」と話して。
財布をフランスでは男性は持たなくて、女性が持つ文化とかも話をして。

たくさん話が出来て良かった。

それで、来なくなった人に渡しておきましょうか?とあの子に言われて、お願いしますと、もう一度ロッカーに行って、袋にドル札も入れて、袋に中を見せて、これです。って。

その時に、イスに座っていて足を広げて座っていて、それがかわいくて、「すごくかわいい」って。何気ないしぐさの様に。

それで、ドアを出ていく時に、have a nice day bonne journéeと言って。

フランス語です。

お店とか使ったり、ドアを出ていく時に使う。と言って。

それで、ロシア語を話をして。

Извините Простите Очень приятноと言って、話をして、ドアを出て行った。

渡せるかどうか分からなかったけれども。

入荷チェックでホワイトロースかなんかの書いたかどうか分からなかったから、それを見に行って、書いていなくて、その時に目のことを聞かれて。

やっぱり、気になっちゃうな。

これからどうなるのかな。もっと仲良くなれればいいな。

コメント