初めてのドライブ楽しかった4

恋バナ

2019年9月15日仲のいい親友と遊んだ4回目の日

「○木 星きれいなところ」「○木市 夜空を見るスポット」の話をして、東武の北海道物産展を聞かせてもらって、旅宿の話をしていて、ポップアップ式のトースターでクマのイラストが出る話して、新宿高島屋のベンチの話をして。

そんな時にgoogle map見ていたら、喫茶店で探していたら、良さそうなところが多かったから。

「今、google mapで住んでるところで、コーヒーマークがあったので、押したら、栂にお寺の中の自然の中にカフェがあるんですって。○○」
「ですって。良さそうです。寺カフェですって。」

って言う話を9月14日の夜にしていて。

それで、西の公園もあって。と話をしていて。

「時間かけて喫茶店やカフェ開拓できるといいですね。」なんて話をしていて。

「喫茶店とカフェ開拓、とても楽しそうです。」って、あの子も言って。

「一緒に行きましょう。喫茶店とカフェ開拓。それで、対面して『髪見せてよ』って」

それで、0時回って、いつ行きますか?って。

「今日も暇してるよ。」って言ったら。

「今日行きますか?」とあの子に言われて。

分かった。今日ね。後ろ髪見たい。って言う感じで。

それで、この前遊んだことを記事にしていなかったから、断片的に記事にしてから、遊べる。って。寝る前に書くことを言って。

それから、あの子が行ったことある喫茶店に行こうという話になって。

「それで、拾っていきます。」って、「何処がいいですか?」って。

「初めてのドライブだ」って喜んで。

12時に少し離れたアミューズメントで待ち合わせの約束をして。

わくわく、どきどき。って。

それで、お風呂も入って無かったから、ブログ書いてから入りますって。

こないだの続きがしたい。
「見せてよ」「見せません」
「かわいいから見せてよ」「見せません」
って。

じらしプレイですね。って。

それからブログを断片的に書いて。見せてもいい方のを。

それで、お風呂入って、少し準備をして、4時ぐらいに寝て。
10時半に起きて。

いろいろしていて。

そしたら、またいつものように遅くなって。

ツーリングマップル北海道やユースホステルの本を持って、ドライブだから、ツーリングマップル関東も持って。

11時50分ぐらいに出て。

やばい、遅刻する。って思って。

今日はあの子を違うところで待たせているから遅刻は出来ない。って思っていたから。
色々準備していて遅くなっちゃって。

急いで運転して、12時1分ぐらいに山田うどんの前辺りで。

着いたら、あの子が見当たらなくて。「良かった、待たせていない」って思ったら、あの子が歩いてきて。

「10分前に来ていてた。」って言っていて。

本当に申し訳ないことしちゃったなーって。

「いつもごめんねー。」って。

それで、車に乗って、二人でドライブ行ったんだけれども、初めてでどきどきしながらなんだけれども、とても楽しくて。

「初めてだから、経験がまだないから、初めての喫茶店の時みたいですね」なんて話をして、経験して色付いて行くから、そんな感じでドライブして。

道分からないから、あの子に案内してもらって。

高速の方に出る道を案内してもらって。全然知らない道で。

そこまでの出る道が楽しくて、アミューズメントの所で待っていて、警備員の方に変な風にみられるのが嫌で、周りを歩いていたら、遅くなっちゃった。って。

それで、あの子汗かいてて、すごくいい匂いで。

「すごくいい匂いがする」

そう言って。

すごくいい匂いがして。

でも、汗かき終わったら、匂いしなくなって。

ここで、話してて面白かったというか、とても興味深く話を聞いていて。

ある方はお金遣いが激しくて、それを、話をしていて、とある方がお金を貸しているのに、結構貸していて、それはもう戻ってこないだろうって。

なんであんなにお金にだらしないんだろうって。

そんな話をしていて。

結構覚えていて。

それは車乗った直ぐに、話をして。

高速道路を過ぎたぐらいで、すごく景色が良くなって。

久しぶりに来た。

2004年に結構通っていて、その後2009年とかそれ以降来ていないかなー。

それで、通ったらめちゃくちゃきれいで。

いい季節だねー。

山々の間を抜けて。

そこからの光がきれいで。

冷房の話もして、エアコンボタンをオンオフすると加速が違うって。

それで、試したり。

それで、トンネルの前に左入って、あの子が行ったこと有る喫茶店に向かったんだけれども、左折するところを少し越えちゃって、戻って。

民家の所に在って、入って行ったんだけれども、ドアは開いているんだけれども、やっていない感じで。

それで、違うところ行きましょう。

近くに喫茶店があるから。って、トンネル抜けて。

そのトンネルの上の高台の展望台がきれいなんだよ。そこよく言ってた。って話をして。

トンネル抜けたら、左のアイス屋さんがおいしいって。

左折して、少し行ったら、右に上がったところにお店があって。

そこの行ってる途中にパッシングされたのかな。

何かなー?と思ったら、トンネル抜けてもライト付けっぱなしだったから教えてくれて。

「優しい人もいるなー」なんて思って。

お店に着いたら、なんか別世界で。

 

きれいなところだねー。

きれいなところになって、自然がとても良く、心地いい場所です。
良い空気を吸える、自然の中の喫茶店って感じです

結構高い場所になっているから見渡せて。
暑いんだけれども木陰で涼しくて、日が差すと本当に暑いから。

中に入ったら、お客さんがたくさんで。

みんなデザートセットを頼んでいて。

普通に食べたいから、セットで頼んで。

違う喫茶店に行くと、違うんだなーって。

頼んだら、ちょっと高級感あって。

おいしいんだけれども、なんか、いつも居る喫茶店の様な空気で楽しめなくて。

ちょっと、落ち着かないね。みたいな感じで。

それで食べ始めて。

あの子がほんとかわいくて。

野菜は香草が利いていて、あまり、食べない様な野菜。

カボチャの冷製スープは濃厚な味。

机の上にコスモスが飾ってあった。

ツーリングマップルの北海道版を見せて、「ここがジョットコースターの道」と教えたりして。

あの子の縁の所とかも見たかな?

そしたら、料理が来て。

あの子がスパゲッティ。

私がパエリア。

二人でシェアして分けて。

パエリアって、あまり食べたことないけれども、こんなにぱさぱさしていたっけ?って、食べながら思って。

またあの子がかわいくて。

食べるのが早いって。

最初の喫茶店行った時、おれ、遅かったからスパゲッティ食べるのが。

だから早いって。

デザートは違うので、あの子がブルーベリーのケーキの方。

それで、最初にケーキ切っちゃって。

切ってるの変わって、写真って言わなかった。って、そしたら、直してくれて。

撮ったのが上ので。きれいに直ってる。

私はシフォンケーキで。

これもシェアして。プリンとアイスがおいしかった。

ハーブのペパーミントを食べたことに驚いてて。

「うん、ハーブだ」って。

おいしかったけれども。

それからハーブティーで。

飲まない様な味だった。

光がきれいで。

いい喫茶店なんだけれども。

見せてよー。見せません。が出来なくて、お店の雰囲気違うね。とか、いつもの喫茶店はご飯の量が多いね。とか、そうゆう話をして。

違う喫茶店に行くと雰囲気も違うし、ゆっくりできるところとできないところ。そわそわしちゃって。

でも、色々なお店行くと喫茶店のカラーが違うからそうゆう発見が出来ていいね。なんて。

 

ここの喫茶店はゆっくりはできないけれども、景色はとても良いから。

トンボがたくさん飛んでいて。そうすると光がキラキラ光っているように見えて。

かなりきれいなところ。

外でも食べられるんだこのお店。北側の方だけれども。

お店の南側の方がドライフラワーを天井からたくさん干していて。

幻想的な部屋になっているんだよね。

 

「次どこ行きますか?」ってお話をして。

初めてのドライブで、まだ、ドライブがどんな感じだか分からなかったから、ぎこちなく。

「このままドライブ行きます?」って。感じだったから?
「行きたい牧場があって、そこ行きましょう。」って。言って。牧場を目指すことにして。

さっきの喫茶店で地図があったので、それを貰ってきたから、それを見て、その牧場を目指すことにして。

この牧場を目指すドライブが本当に楽しくて。

いろんな話をして。

臭いとか、外の空気とか。

温泉の話とこっちの栃木の西部あたりは良いよね。って話をして。

とあるところのお偉い方が温泉で会っちゃって。それを見られていたことを知らなくて。

 

それと、今日は化粧が違います。って教えてくれて。

「どこかなー?」って、分からなくて。

「アイシャドウがブラウンで違います」って、ブラウンでラメ入って、キラキラしていて。

全く気が付かなくて。

って話をしていて。

窓開けて走って。

日よけのシャツも渡して。

川沿いを通って行くと、山間になって、山間が日差しが木々の間から木漏れ日となって光が差してきれいで。

結構眩しくて、かなりゆっくるになって走って。

狭い道なら入り口のところで待ってあげたり、自分の車が遅いから、先に車を行かせたり。

ゆっくりドライブして本当に楽しくて。

ドライブしているとあの子を見れないんだけれども、日が差したりするとかわいくて。

安全運転って、心がけていたから、見れないけれども、話していて楽しくて。

それで、結構なドライブで、長くドライブして、かなり登ってきて、登ってきたら見晴らしがよくなってきて、視界が開けて。

それで、どっちに行くのか分からない道に来て、下って行っちゃって。

途中で止まって、「これ違うよねー?」って。

「調べます」あの子が調べてくれたんだけれども、電波が無くて。

ツールングマップル持って来てたから、見たら、やっぱり違くて、さっきの道がそうだと思って。もう一度戻って。

でも、そんなに行かなかったから良かったんだけれども。

引き返したら、さっきのゲートの様になっているところをくぐって、進んで行ったら、前からバイクが来たから、「こっちだね」って。

少し行くと牧場が見えてきて。

いいところだねーなんて言って。

それで、車を止めて、景色を見て。

日差し強いのと、少し肌寒いから、そのままシャツのあの子に渡して日よけにしてもらって。

それで、牧場に来たから牛乳飲もうって。

レストハウス入ったら、ここは泊まることもできるんだーって。

ここ、今まで2回来たことあるけれども、泊まれるなんて知らなかったから。

お客さんがお風呂入りに行って。

ここでハンカチが売っていたので、かわいいから買って。

牛乳頼んで。

冷たくて、濃厚でおいしかった。

しかも結構量があるから。

他の牧場行ったことあるけれども、こんなに牛乳出てこないから。

ここ来たら牛乳飲むととても高いところにあるので、景色がいいから、とてもおいしく飲める。

あの子がかわいくて、写真撮らせてくれて(これを最後に特技を覚えて撮らせてくれなくなって)。

牛乳飲み終わって。

外に出たら景色が良くて。

「きれいだねー」って。

少し、砂利道の方を歩いて行って。

「ここ歩きたいねー」なんて言って、「今度はスニーカーだねー」なんて話をしてて。

少し歩いて来たら、向こうから少し年配の方が歩いてきて。

その位まで来たら、写真撮って。

それで戻って。

戻っている時に、「お団子が見えるー」とか、「後ろについてもいいの?見えちゃうよ」とか、前を歩いた時に、山の上のきれいな光なので、瞳に光が差しこんできれいな瞳が見えて。

ここの歩いているのがほんとあの子がきれいで。

戻ってきて、「看板撮りたい。」って撮らせてもらって。

あの子と歩いている時にきれいな瞳が見えたから。

栃木の霊峰側を眺めていて、「お団子きれい」って、写真撮らせてもらって、でも、あまりよく撮れないから、光を調節して撮っていて、「ねー、こっち向いてよー」って。

「瞳がきれいだったからさー」って、言っても向いてくれなくて。

最後の最後に、横顔を見せてくれて。

目がうるっとしていて。

「ごめん、嫌だった?ごめんね。」

その時は悪いことして、聞かなかったけれども、後で聞いたら、「目に風が」と言っていて。

良かった。って。

そしたら、少し、下りてきて牧場の方を写真撮って。

本当にきれいなところで。

光がとてもきれいなところで。

山の上だから下山するのに時間掛かるから、そろそろ帰ろうって。帰ることに。

影撮っていたら、隠れちゃって。

トイレ行ってきて。

この時間に下り始めて。

景色が良くて、こうゆう所で告白するのもいいけれども、星の方が見上げれば見れるから、変わらなく毎年見えそうだから。

ここでは告白しないで。

「ちゃんとした時に告白するから」と、3回目の喫茶店の帰りの駐車場の所みたいな感じで言ったのかな?

それで下りて。

登りは時間掛かったけれども、下りは早くて。

下りも楽しくて。

下り終って、西の公園行きたいってなって。

 

その前にトイレ行きたいから、公園に寄ってもらって、トイレ行ってきて。

西の公園を目指したんだけれども、暗すぎて分からなくて。

 

ここの公園、昔来たんだよー、2004年だから15年前。

それで公園を出た後に。

お団子触らせてくれて。ぽんぽんしていて、かわいくて弾力があって柔らかかった。

手の匂いも、ハンドル触ると臭くなるって。嗅いでもらったら、「臭くない」って。

それで、西からこっちの道でいつもの喫茶店行こうって。

喫茶店を目指して。

喫茶店着いたら、「やっぱりこの感じだよねー」って。

この居心地が良くて、ゆっくりできる感じはここの喫茶店の良さだよねー。って。

いつもの様に紅茶頼んで。

ここから、あの子は隠す特技が思いついて、見せなくなっちゃって。

チーズサンドを頼んで。

チーズがとろけていておいしくて。

あの子はサンドイッチを頼んで。

写真の時だけ隠されちゃって。

それで、こっちの喫茶店だと、だらーんとして、「見せてよ」「見せません」ってできるからいいよねって。

あそこの喫茶店もいいけれども、あっちはそうゆうこと出来ないから。

良いよねって。

食べ終わって、ゆっくりして、話をしていたら、あの子、「ぺろっ」って唇から舌をちょこっと出して。

それがかわいくて。

あの子も、舌を出したのを見られたことに気が付いて。

少し時間が止まって、あの子が「あっ」って。

それがまたかわいくて見ていて。

いつも髪型ばかり見ていて、唇がめちゃくちゃかわいいことに気付かなくて、舌が「ぺろ」ってなってたの、ちょーかわいかった。って話して。

太陽光が瞳に入るのがめちゃくちゃきれいな茶色の虹彩。かわいくてずっと見ていたかったです。

たくさんの発見できたドライブでした。

これからも粟野をドライブコースになりそうですね。

 

あの子から物産展のおみやげ貰って。

その後、あの子のお家まで送ってって。

今日も楽しかった。

あの子からの贈り物。

帰って、車の運転の事を気を遣ってくれて。

運転は全く疲れなかったですよ。
あおられることないように車を先に行かせたり、パッシングでライト付いているの教えれくれたりと、周りの車の人はいい人多いじゃん。って、思いました。いい気持ちで運転していました。

 

今度牧場でのんびりしましょう。
山登りもできたらいいですね。
あそこの山はあまり辛くなかったような気がします。

 

本当に楽しかったです。

こんな日々が送れると楽しいですよね。毎日。

また遊びましょうね。

今日は「見せてよ」「見せません」あまりできなかったですね。

かんざしじゃないとですね。

なんて言って。

 

ドライブはあの子の事、見れないけれども、いろんなところに行って、景色楽しんで、車の中で会話して、また、行ったところの空気が良かったりするから、二人でそうやってできるがいいな。って。

 

喫茶店しか行っていなかったのに、ドライブの遊びも増えましたねって。

こうやって楽しいことをどんどん増やしていきたいなって。

ドライブ楽しかった。

 

コメント