間に繋いでくれる人がいるんだなって

2019年11月26日 冬14日目

窓越しでお話をした。

「トマト赤くなりましたね。」
「食べます?」
とか。
「サボテンのここ切れちゃったね。」
「これで支えてます」
とか。
「家の舞姫紅葉してきたんですよ」
とか。
あまり聞こえなくて、「なんて言ったんですか?」とか聞くのが楽しくて。

窓越しで話をするのはほんと楽しくて好きだなー。

昼休み中の降りてきた時の出来事。

東京のある営業所に荷物を送って下さいと、あの子から頼まれたものを頼まれて。
シールを張って送ろうとしたら、今日、作っておいた荷物が分からなくて、それで、誰に聞けばいいのか分からないから、○由さんに、「東京○○行きはどこに置けばいいですか?」と言ったら、「私今からやります」と言って。
「では、よろしくお願いします」「はい」と。
どうぞどうぞ。と言う感じで、渡して。

顔が見える感じで物を繋いでいく感が分かって良かった。それで届くんだなーって。

何気なく、通販で買ったりするとそうゆう人が間に立ってやっているんだろうなって。

ロジスティックスの人の顔が見えるのは今後の営業所を出す時にそれを思い描いて送るので、集める時も、どこかのおじさんは投げてしまうけれども、拾ってくれる方としては快く拾ってもらいたいから、それが○由君だったり、誰かが拾いやすいように私もしたあげないとな。って思った。

とあることですげー怒られて。
てか、仕事がら音を出してはいけない仕事をしているので、それで、めんどくさいけれども、すげー怒られて、その時理不尽だなー。って、思いながらも、その一連が終わって、また、仕事をしていたら、物の方にそれを見られていたらしく、「大丈夫?あれパワハラじゃない?ドキッとしたよ、あんなのいつのあるの?」すげー心配をされて。

全く話したことない人で、こっちがびっくりして、その時は、「いつものことなので」と話をして、少し置いてから、「いつも遅くないですか?」と話をしたら、「ダブルワークで取ってもらったんで、月火金で今日は17時からで」と言っていて。

知らない方から心配をされた。
案外いろんな方に見られているんだな。

今日、あの子から貰ったマスクをしていて、とてもとても寒い倉庫の前で作業をしていたら、温の方に、「マスク少し大きくなった」と言われた。

20時25分ぐらいにあがったんだけれども、あの子がポットに水を入れに来ていて、「明日休みだから入れる人が居ないから、今のうちに入れておくの」と言っていて。
なんて優しいんだろう。って。

本当にあの子はいろんなところに目が行き届く気配りの出来る子で、本当にすごいなー。って思う。そうそう出来ないからさー。

その時に、「ジャンバーの首元臭くなっちゃった」とか話したり、ポニーテールだから、さりげなく毛羽立ちを見たら、ぼさぼさになっていて、「疲れているんだろうなー」って。

それと、今日、東北の入荷を書いていた時に、4つ一緒に入れる商品があるのだけれども、今まで昔の紙だったので入荷欄に無くて、書くのがめんどくさかったけれども、あの子が入荷の紙を新しく作ってくれたので、書きやすくて、使っていて、使いやすいのを実感して。
本当にありがとう。使いやすかったよ。
って思った。

コメント